RSS

バンコクの路線バス2台が客乗せ競走、運転手は麻薬使用

2012年7月25日(水) 11時02分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、24日正午ごろ、バンコク都内を走行中の路線バスの乗客が携帯電話で警察に「自分が乗っているバスと、もう1台のバスが競走している」と通報し、現場に急行した警官がバス2台を停車させ、乗客数十人を別のバスに移した。その後、バスの運転手の尿検査、所持品検査を行ったところ、1人は覚せい剤の陽性反応が出て、もう1人は幻覚作用がある植物クラトムを所持していたため、2人を逮捕した。逮捕された2人はテレビカメラに向かって舌を出すなど終始ご機嫌な様子だった。
《newsclip》


新着PR情報