RSS

バンコク空港、東滑走路の修理終了

2012年7月31日(火) 21時56分(タイ時間)
【タイ】バンコク郊外のスワンナプーム空港で6月11日から行われていた東滑走路の修理が31日、終了した。修理は当初、8月9日まで行われる予定だったが、修理で滑走路が一部閉鎖された影響で、発着便の遅れが多発し、タイ政府が工事の前倒しを指示した。

 スワンナプーム空港は滑走路が2本あり、旅客処理能力は年4500万人。昨年の旅客数は約4800万人、今年は5100万人に上る見通しで、混雑が悪化している。設備面のトラブルも頻発し、今年6月にはレーダーが約1時間故障し、50便が他の空港に着陸したり、空中で待機するなどした。7月5日には西滑走路の2カ所で路面陥没の緊急修理が行われ、11便が他の空港に着陸した。
《newsclip》


新着PR情報