RSS

バンコクでトラベルフェア、日本の地方自治体など出展

2012年8月15日(水) 18時24分(タイ時間)
【タイ】日本政府観光局(JNTO)によると、16—19日にバンコクのイベント会場クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンションセンターで開催される旅行博「第11回タイ・インターナショナル・トラベルフェア2012」に、日本の地方自治体や観光事業者などが出展し、タイ人に対し、訪日旅行をアピールする。会場では仙台の伊達武将隊によるパフォーマンスや千葉県の森田健作知事によるトップセールスも予定されている。最終日の19日には、東北・北関東エリアへのタイ人観光客誘致を目的とした一般消費者向けのイベント「東北・北関東キャラバン in バンコク」をバンコク都内のショッピングセンター、ターミナル21で開催する。

 トラベルフェアに出展する日本の団体は(1)日本国観光庁、JNTO(2)北海道観光振興機構(3)東北観光推進機構協議会、仙台市(4)千葉県(5)東京都台東区役所(6)静岡県(7)岐阜県、長野県、公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー(8)石川県(9)富山県(10)紀伊半島滞在型観光プロモーション事業実行委員会(11)大阪市シンガポール事務所(12)九州観光推進機構(13)(財)沖縄観光コンベンションビューロー(14)IHG・ANAホテルズグループジャパン(15)東京ディズニーリゾート(16)株式会社ドンキホーテ(17)プレミアム・アウトレット ジャパン(18)札幌かに本家(19)株式会社アジアインタラクションサポート——。

 JNTOによると、1—6月に日本を訪れたタイ人は前年同期比118・2%増、2010年同期比18・3%増の13万2400人と大きく伸びている。
《newsclip》


新着PR情報