RSS

タクシン元首相が訪韓、タイの洪水対策協議

2012年8月22日(水) 11時05分(タイ時間)
【タイ】訪米を終えたタイのタクシン元首相が17日から20日まで、タイの洪水対策事業について話し合うため、韓国を訪問した。韓国KBSテレビなどが伝えた。

 今回の訪問は、韓国の李明博(イ・ミョンバク)政権が進める4大河川事業をモデルにして、タイの洪水対策を進めることを視野に協議を行うのが目的だった。

 タクシン元首相は「水資源管理分野での協力強化を望んでいる」と述べ、韓国水資源公社がタイの関係当局と計画立案を進めていることを説明した。

 韓国勢では、韓国水資源公社やGS建設などがタイの洪水対策事業への参入を狙っている。

 タクシン元首相はまた、「中国企業が技術競争力を付けてきており、韓国企業は技術力だけでなく、価格競争力を備えるべきだ。タイ政府は技術力と価格競争力の双方を評価することになる」と述べた。

 タクシン元首相の法律顧問であるノパドン元タイ外相によると、元首相は訪韓後、北京に向かった。
《newsclip》


新着PR情報