RSS

双日と韓国の大林産業、ベトナムの火力発電所受注

2012年8月23日(木) 10時20分(タイ時間)
【ベトナム】双日は22日、ベトナム電力公社(EVN)がベトナム南部カントー市で計画中の「オモン第1火力発電所2号機」建設プロジェクトを、韓国の大林産業と共同で、約280億円で受注したと発表した。円借款事業で、発電容量は300メガワット。2015年の完工、運転開始を予定している。蒸気タービン、ボイラーなど主要機器と関連機器は三菱重工業から調達する。

 ベトナムの電力需要は年間15%前後のペースで増加し、ベトナム政府は供給力の確保を急いでいる。
《newsclip》


新着PR情報