RSS

中越国境貿易が大幅減、南シナ海問題が背景か

2012年8月23日(木) 23時43分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナムのインターネットメディア「ベトナムネット」によると、中国は最近ベトナムとの国境で通関検査を大幅に強化し、国境貿易が減少している。背景には南シナ海での両国の領有権争いがあるとみられる。

 中国側は国境地域に検問所を新設し、数千人を動員して、商品の通関を制限しているという。クアンニン省モンカイでは国境検問所が1カ月にわたり閉鎖された。モンカイ経由の今年1—7月の国境貿易は前年同期の約8割の26億米ドルにとどまった。
《newsclip》

特集



新着PR情報