RSS

弘亜社、バンコクで駅ナカビジネス

2012年9月2日(日) 17時22分(タイ時間)
【タイ】交通広告・屋外広告の弘亜社メディア・タイランドはバンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ鉄道エアポートリンクの全8駅の構内の商業スペース、約5790平方メートルの独占販売事業権を入札の末、8月15日に獲得した。駅ナカビジネスとして、ショップ設営、テナント誘致を行う予定だ。テナントは現時点で、銀行、飲食店、コンビニエンスストア、書店、携帯ショップ、ドラッグストアなどを想定している。契約期間10年で、初年度3000万バーツ(約7800万円)の売り上げを目指す。

 独占販売事業権を得た商業スペースはスワンナプーム空港駅が約2790平方メートル、マカサン駅(シティターミナル)が約2200平方メートルで、起点駅のパヤタイ駅のバンコク高架電車BTSパヤタイ駅との連結部陸橋も含まれる。

 弘亜社メディア・タイランドは交通広告・屋外広告の弘亜社とタイの広告会社365の合弁会社。2011年9月にエアポートリンクの車両・駅の広告管理運営権(契約期間10年間)を獲得し、今年から、全日空の車両ラッピング広告や、タイの飲料メーカー、オイシが日本のアニメ「ワンピース」をキャラクターに使用した車内ジャック広告などを手がけた。
《newsclip》


新着PR情報