RSS

JX日鉱日石開発、ミャンマーのガス田権益15%取得

2012年9月4日(火) 13時46分(タイ時間)
【ミャンマー】タイ国営石油探査開発会社PTTエクスプロレーション・アンド・プロダクション(PTTEP)は3日、同社が100%の権益を持つミャンマー・マルタバン湾の探鉱鉱区「M—11鉱区」の権益40%を仏トタルに、15%をJX日鉱日石開発に譲渡すると発表した。

 同鉱区は面積5373平方キロで、2013年第3四半期までに試掘井1坑の掘削を予定している。

 JX日鉱日石開発は1991年にミャンマー沖のM—13/14鉱区の権益、1992年には隣接するM—12鉱区の権益を取得し、これら3鉱区にまたがるイェタグン・ガス田から、2000年から天然ガスを生産している。
《newsclip》

特集



新着PR情報