RSS

インラク首相、洪水被災地を視察

2012年9月13日(木) 21時19分(タイ時間)
【タイ】インラク首相は13日、中部アユタヤ県と北部スコータイ県、ナコンサワン県の洪水被災地をヘリコプターや徒歩で視察し、被災者に救援物資を手渡すなどした。

 首相が視察で訪れたアユタヤ県の学校は1階が浸水し、2階で授業を行っていた。

 スコータイ市では9日に決壊したヨム川の堤防の復旧工事の状況を視察した。

 タイ内務省によると、13日時点で洪水が発生しているのはウタラディット、スコータイ、ピッサヌローク、ピジット、カムペンペット、ナコンサワン、チャイナート、ウタイタニ、スパンブリ、アントン、アユタヤ、サケーウ、チャイヤプムの13県で、約7万世帯が被災した。

 タイ気象局は13日、14—17日にかけタイの各地方で大雨が降る恐れがあるとして警戒を呼びかけた。

20120913%20PM%20%28Ayutthaya%20%29%20-%204.jpg
写真提供、タイ首相府 上写真はスコータイ市、下はアユタヤ県
《newsclip》


新着PR情報