RSS

スー・チー氏、訪米に出発

2012年9月17日(月) 08時29分(タイ時間)
【ミャンマー】ミャンマーの最大野党・国民民主連盟(NLD)の党首、アウン・サン・スー・チー氏が16日、訪米のため、米国のミッチェル駐ミャンマー大使とともにヤンゴンを出発した。

 外電報道によると、滞在は10月3日までで、オバマ大統領、クリントン国務長官らと会談するほか、米議会では勲章に当たる金メダルを受け取る。スー・チー氏の訪米は、1988年の民主化運動開始以来初めてとなる。スー・チー氏は1969年から71年までニューヨークの国連に勤務していた。

 スー・チー氏に同行する予定だった民主化活動家、ミン・コー・ナイン氏は旅券が発給されなかったため、訪米を中止した。
《newsclip》

特集



新着PR情報