RSS

次期バンコク知事、現職が一番人気

2012年9月17日(月) 20時44分(タイ時間)
【タイ】タイの私立アサンプション大学(ABAC)が実施した「次期バンコク都知事で投票する人物」に関する調査で、有権者の40%が現職のスクムパン知事に投票すると回答した。

 ほかは、タクシン元首相が立ち上げた愛国党の副党首だったスダラット氏が27%、セーリーピスット元警察長官が10%、コーン民主党副党首が7・5%、ラック・タイランド(タイを愛する)党のチューウィット党首が14・7%だった。

 調査は5—15日、バンコクと地方の有権者を対象に行った。今回はバンコクで2013人、地方で1857人が回答した。

 現時点で立候補を表明しているのは、スクムパン知事とセーリーピスット元警察長官。ただ、スクムパン知事は、所属する民主党の公認を得られない場合は出馬しない考えだ。
《newsclip》


新着PR情報