RSS

タイ野党実力者、上院が議員罷免案否決

2012年9月18日(火) 19時33分(タイ時間)
【タイ】上院は18日の本会議で、最大野党・民主党のステープ下院議員に対する罷免決議案の採決を行い、反対95票、賛成40票で否決した。可決されると、5年間の政治活動禁止処分を受けるところだった。

 ステープ氏が副首相当時、文化省の人事に介入した疑惑が浮上し、タイ汚職防止撲滅委員会(NACC)が調査した結果、副首相の権限を逸脱して介入したと断定。職権乱用を行ったとして、上院に罷免を求めていた。

 ステープ氏は民主党の実力者で前幹事長。アピシット内閣では安全保障担当の副首相だった。
《newsclip》


新着PR情報