RSS

黄シャツ指導者のソンティ氏、タクシン氏顧問侮辱で二審も有罪

2012年9月20日(木) 20時25分(タイ時間)
【タイ】反タクシン元首相派団体「民主主義のための市民同盟(PAD、通称黄シャツ)」の創設者のソンティ・リムトーンクン氏が、タクシン元首相の法律顧問のノパドン元外相を侮辱したとされる裁判で、二審の控訴裁判所は19日、ソンティ氏に禁錮3カ月の実刑判決を言い渡した。一審の禁錮6カ月からは減刑した。ソンティ氏は上告する方針だ。

 訴えによると、ソンティ氏は2007年1月、トークショーの中で、ノパドン氏について、王室関連団体から奨学金をもらったにもかかわらずタクシン氏のために働くことを選んだとして、「恩知らずだ」などと非難した。

 ソンティ氏は、この件のほかにも名誉棄損や証券取引法違反などで起訴されており、裁判が行われている。
《newsclip》


新着PR情報