RSS

尖閣問題でタイ外相 「平和的解決を」

2012年9月25日(火) 12時53分(タイ時間)
【タイ】タイのスラポン外相は19日、バンコクで中国の楽玉成外務次官補、大阪府の松井知事と相次いで会談した。

 スラポン外相は楽外務次官補との会談で、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日本と中国の対立に懸念を表明。「タイは両国と友好関係にあり、事態が平和的に解決されることを望む」という考えを伝えた。また、南シナ海での中国とフィリピン、ベトナムの対立について、「中国が東南アジア諸国連合(ASEAN)側の意向を理解してくれて感謝している」と述べ、やんわりと中国側に自制を求めた。
 
 松井知事は17、18日にミャンマーを視察後、タイでスラポン外相と会談し、タイを拠点としたミャンマーへの投資などについて意見を交換した。

20120919%20MFA%20-%20Osaka%20Governor%20Ichiro%20Matsui%201.jpg
上写真:楽外務次官補(左)とスラポン外相 下写真:松井知事とスラポン外相(写真提供、タイ外務省)
《newsclip》


新着PR情報