RSS

日本政府、女性農民リーダー育成に161万バーツ無償援助

2012年9月25日(火) 12時55分(タイ時間)
【タイ】日本政府はタイの「地域における経済的自立向上のための女性農民ネットワーク構築計画」に総額161万バーツの無償資金協力を行うことを決め、20日、バンコクの大使公邸で、小島誠二大使と「タイ貧困対策会」のバラミー・チャイヤラート氏が署名を交わした。開発政策の影響を受け、伝統的生活スタイルの変化を余儀なくされている中小規模農家の、特に女性に焦点をあて、タイ全土の6つのエリアの女性グループを対象にリーダーを育成し、食糧や収入の確保を円滑にして経済的自立の促進を図る。養成されたリーダー(1エリア15人ずつ、計90人)は各地域において、有機農業技術、保存食加工技術、村内ビジネススキルなどキャパシティビルディングの取り組みを率先して行い、女性農民の経済的自立を促進するとともに、女性の地位向上を目指す。
《newsclip》


新着PR情報