RSS

日本政府、タイ東北部の性問題活動に376万バーツ無償援助

2012年9月25日(火) 13時01分(タイ時間)
【タイ】日本政府はタイで「持続的な性の健康のためのコミュニティ能力強化計画」に総額375・9万バーツの無償資金協力を行うことを決め、24日、在タイ日本大使館で、小島誠二大使と「AIDSネットワーク開発財団」のウィチャイ・チョックウィワァット代表が署名を交わした。

 この活動は、性の問題を取り上げにくいタイ東北地方を中心に活動する団体が、カラシン県、ノンカイ県、コンケン県を対象に、コミュニティ・公的機関・自治体メンバーの知識の普及を図り、性の健康や性の権利に関する問題や被害(性的暴力、強要、性感染症など)の軽減を図ることを目的に実施する。

 性の健康に関する研修会や、情報収集のための現地調査、集めた情報をもとに具体的な行動計画を住民自らが策定、そして自ら行動、などにより課題解決に結びつける。また、地域に広く知識を普及する観点から、フォーラムの開催や、広報活動の実施なども計画されている。
《newsclip》


新着PR情報