RSS

タイで日本人向け不動産売買、センチュリー21傘下でサービス展開

2012年9月27日(木) 11時17分(タイ時間)
【タイ】不動産会社のアイジス不動産が、世界最大級の不動産ネットワーク「センチュリー21」傘下で、タイで日本人マーケット向けの不動産業務に乗り出す。日本人を主要顧客に据えて不動産物件を売買する会社は、タイでは同社が初という。世界73カ国・地域に8000店舗を展開するセンチュリー21のネットワークと、合弁相手のタイ地場不動産会社のノウハウを駆使し、物件紹介、取得サポート、コンサルティング、アセットマネジメントといったサービスを提供していく。

 アイジス不動産の資本金は当初200万バーツ、年内に第3者割り当てなどで1000万バーツにまで引き上げる計画。同社はタイの不動産市場を、アジア地域でも比較的安定していると分析。固定資産税や相続税がなく、不動産の取得、所有、売却に関わる諸費用が格安で、海外の投資先として最適な国であり、キャピタルゲインおよびインカムゲインを狙いやすいとしており、日本人マーケットの大きな伸びを期待している。

AIGIS INTERNATIONAL:
電話:0-2258-6007 ファクス:0-2258-6008
Eメール:info@thaiohya.com
《newsclip》


新着PR情報