RSS

タイでジェネリック「バイアグラ」、官民3社が投入

2012年9月27日(木) 20時47分(タイ時間)
【タイ】タイ食品薬品委員会は26日、記者会見を開き、タイ医薬品公社、民間のTOケミカル(1979)社、ユニゾン・ラボラトリーズ社の計3社が認可を申請していた米製薬会社ファイザーの勃起不全薬「バイアグラ(シルデナフィル)」と同じ成分のジェネリック(後発)医薬品を承認したと発表した。市場にはん濫する偽造バイアグラ対策が狙いだとしている。

 ジェネリックバイアグラの製品名はタイ医薬品公社が「シデグラ(Sidegra)」、TOケミカルが「トナフィル(Tonafil)」、ユニゾンが「イロンザ(Elonza)」で、いずれも購入には医師の処方せんが必要。

 タイ医薬品公社は自社工場で「シデグラ」を生産し、10月1日から販売する。販売価格は50ミリグラム錠剤4錠入りが100バーツ、100ミリグラム錠剤4錠入りが180バーツと、「バイアグラ」の10分の1以下。ファイザーはこうした動きを受け、「バイアグラ」の価格を10月1日から30%引き下げる。
《newsclip》


新着PR情報