RSS

古河スカイ、タイのアルミニウム板圧延新工場で一貫生産 投資額500億円強

2012年9月27日(木) 21時03分(タイ時間)
【タイ】古河スカイは27日、同日開催した取締役会で、タイ東部ラヨン県アマタシティ工業団地で建設中のアルミニウム板圧延工場の第2期投資を決定したと発表した。主要設備である熱間圧延ラインは2015年3月稼働開始の予定で、年産能力約18万トン。第1期、第2期を含めた設備投資額は500億円強となる見込み。

 新工場は飲料缶、自動車熱交換器、電気部品など向けのアルミ板材を製造し、東南アジア市場などに供給する。第1期では自社国内工場から素条を供給、日光工場の上工程休止後に遊休となる冷間圧延機を活用し、冷間圧延以降の製造を行う。年産能力約6万トンで、2014年1月に操業を開始する予定。建設費は約130億円。第2期では鋳造工程からの一貫生産に移行する。
《newsclip》


新着PR情報