RSS

エアアジアのバンコク便、1日からドンムアン空港発着に

2012年9月30日(日) 21時48分(タイ時間)
【タイ】アジア最大級の格安航空エアアジアのタイ法人タイ・エアアジアは1日から、バンコク発着の国際線、タイ国内線全便をバンコク北郊のドンムアン空港に移転する。これまで拠点としてきたバンコク東郊のスワンナプーム空港の混雑悪化を受け、タイ政府の移転要請に応じた。

 ドンムアン空港はバンコク都心のバンコク高架電車BTSサイアム駅から約23キロ。空港へのアクセスは事実上、道路のみで、都心からタクシーで30—45分ほど。タイ国外からスワンナプーム空港に到着し、エアアジア便に乗り継ぐ場合、バスやタクシーなどで48キロ離れたドンムアンに移動することになる。

 ドンムアン空港は長くバンコクの玄関口だったが、2006年のスワンナプーム開港後は格安航空やチャーター便用の空港として使用されてきた。現在はタイ国際航空系のノックエアと独立系のオリエントタイエアラインズというタイの格安航空2社が拠点とし、昨年の旅客数は340万人だった。昨年10—11月には洪水で滑走路が深さ2メートルの水に沈み、逃げ遅れた旅客機数機が浸水した。現状では十分な対策がなされたとは言いがたく、洪水の再発で機能が停止する恐れが指摘されている。
 
 タイ・エアアジアはエアバス製の旅客機A320型機24機をタイなど8カ国の28都市に運航している。従業員約2200人。2011年の旅客数は730万人だった。
《newsclip》


新着PR情報