RSS

ドンムアン空港、エアアジア移転でトイレ2カ所刷新

2012年10月7日(日) 21時51分(タイ時間)
【タイ】アジア最大級の格安航空エアアジアの移転で本格的に再稼働したバンコク北郊のドンムアン空港。10月1日のエアアジア移転を前に、国際線、国内線の出発ロビーのトイレ計2カ所が刷新された。

 ドンムアン空港は長くバンコクの玄関口だったが、2006年にバンコク東郊にスワンナプーム空港が開港してからは、格安航空やチャーター便用の空港として使用されてきた。しかし、スワンナプームは急速な旅客数の増加で早くも処理能力の限界に達し、混在回避のため、便数が多いエアアジアがドンムアンに移転することとなった。

 ドンムアン空港はバンコク都心のバンコク高架電車BTSサイアム駅から約23キロ。空港へのアクセスは事実上、道路のみで、都心からタクシーで30—45分ほど。タイ国外からスワンナプーム空港に到着し、エアアジア便に乗り継ぐ場合、バスやタクシーなどで48キロ離れたドンムアンに移動することになる。

Modern%20rest%20rooms%20Don%20Mueang%20Airport%20-%203.jpg
Modern%20rest%20rooms%20Don%20Mueang%20Airport%20-%204.jpg
Modern%20rest%20rooms%20Don%20Mueang%20Airport%20-%205.jpg
ドンムアン空港のトイレ (写真提供、ドンムアン空港)
《newsclip》


新着PR情報