RSS

洪水時にぷかり タイ北部で「浮かぶ家」開発 

2012年10月11日(木) 23時10分(タイ時間)
【タイ】タイ北部ピッサヌローク県庁が洪水対策として、水に浮かぶ家5軒を建設し、9日、洪水被災地の住民に寄贈した。

 「浮かぶ家」は1辺6メートルの正方形で、床下にドラム缶21個を装着。家に固定した輪を家の外に立てられた4本の杭にかけ、水位に応じ、7メートルまでの上下動が可能だ。建設費は1軒25万バーツで、企業などからの寄付金でまかった。

20121009%20Floating%20homes%20Phitsanulok%20-%203.jpg
20121009%20Floating%20homes%20Phitsanulok%20-%204.jpg
20121009%20Floating%20homes%20Phitsanulok%20-%205.jpg
20121009%20Floating%20homes%20Phitsanulok%20-%206.jpg
20121009%20Floating%20homes%20Phitsanulok%20-%207.jpg
《newsclip》


新着PR情報