RSS

前タイ警察長官が与党に入党、タクシン氏の元義兄

2012年10月15日(月) 17時26分(タイ時間)
【タイ】タクシン元首相の元妻の兄で9月末で定年退官したプリアオパン前警察長官(60)と、タクシン氏の士官候補生学校同期生の将官、佐官ら23人が15日、タクシン派政権与党プアタイのバンコク都内の本部を訪れ、同党に入党した。プリアオパン氏は能力、知名度が高く、タクシン一族の身内でもあり、今後、政府・与党内で重要な地位を占めると予想される。

 プリアオパン氏は入党の記者会見で、自身をプアタイの次期党首やバンコク都知事候補に推す声があることについて、「準備ができていない」として、固辞する考えを示した。副首相として入閣するといううわさについては明言を避けた。また、タクシン氏とは「親せきから消息を聞くだけで、本人とは長い間話していない」と述べた。

 プアタイはヨンユット前党首(70)が寺院所有地の売買をめぐるスキャンダルで今月4日までに副首相兼内相、下院議員、プアタイ党首をすべて辞任し、後任の党首、副首相、内相の人事に注目が集まっている。

20121015%20PTP%20-%203.jpg
プリアオパン氏(左)
《newsclip》


新着PR情報