RSS

入院中のタイ国王、久しぶりに外出

2012年10月19日(金) 12時02分(タイ時間)
【タイ】タイのプミポン国王(84)は18日、バンコク都内のチャオプラヤ川岸のタイ国立シリラート病院の病室を出て、隣接するシリラート病院の新棟を訪れ、祖父であるチュラロンコン大王とその娘で夭折したシリラート王女の像に祈りを捧げた。

 国王は愛犬のクントンデーンを従えて車椅子に乗り、医師らが同行した。病院の通路やロビーには多数の国民が詰めかけ、感極まって涙ぐむ女性の姿もみられた。

 プミポン国王は2009年9月からシリラート病院に長期入院中。今年9月には38度7分の高熱を出し、抗生物質の投与を受けた。
《newsclip》


新着PR情報