RSS

バン日-18 自宅の庭に咲くケバい植物は「バナナの首飾り」だった

2012年10月21日(日) 12時47分(タイ時間)

 自宅の庭に咲く、葉はバナナみたいで、ケバケバしい赤の苞(ほう)を付けた植物、調べてみたら、「ソーイ・カッタリー」という名だった。バナナの首飾り、和名が「ウナズキ(頷き)ヘリコニア」、英語で「ロブスター・クロー」、ロブスターのハサミですね。苞は長さ10センチほど。

 ソーイ・が首飾りやネックレスという意味で、カッタリーがバナナだが、タイ人に聞いてもカッタリーの意味が分からず、タイタイ辞書で調べたらバナナということだった。タイ語でソーイ・カッタリーとググッってみると、左右上下もっと揃った苞の写真がヒットする。別名、「パーク・ノックケーオ」、オウムのくちばしで、和名の分類ではバショウ科オウムバナ属ということで、イメージは一致しているよう。

 
《newsclip》


新着PR情報