RSS

インラク首相、サムイ島で閣議

2012年10月24日(水) 11時25分(タイ時間)
【タイ】インラク首相は20—22日、タイ湾のサムイ島、ナコンシータマラート市などを訪れた。

 20日にはサムイ島とタオ島、パンガン島を視察。21日には国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産登録を目指しているナコンシータマラート市の仏教寺院ワットプラマハータートウォラマハーウィハーンを訪れた。寺院前では、南部の工業開発に反対するグループが路上に寝転ぶなどの抗議活動を行った。

 22日にはサムイ島で閣議を開き、タイ湾に面した南部4県(チュムポン県、スラタニ県、パタルン県、ナコンシータマラート県)の開発計画、計27件、予算総額5億2000万バーツと、タオ島の病院建設(予算5000万バーツ)、パンガン島への海底電線ケーブル敷設(予算10億9000万バーツ)などを承認した。

20121021%20PM%20%28Wat%20Phra%20Mahathat%20Nakhon%20Si%20Thammarat%29%20-%203.jpg
ワットプラマハータートウォラマハーウィハーン(写真提供、タイ首相府)

20121021%20mob%20%28nakhonsithammarat%29%20-%203.jpg
ナコンシータマラート市でのデモ
《newsclip》


新着PR情報