RSS

サメット島の公営ふ頭、新旧ともに使用禁止に

2012年10月25日(木) 12時42分(タイ時間)
【タイ】タイ東部ラヨン県行政体のピヤ県長は23日、同県サメット島の公営ふ頭を視察し、老朽化した既存のふ頭と建設中の新ふ頭の双方を11月1日から使用禁止にする方針を明らかにした。安全に問題があるためとしている。

 既存のふ頭は1995年に予算1000万バーツで建設された。新ふ頭は予算1億7000万バーツで2010年に着工、今年9月に完成する予定だったが、9月に国立公園当局が現地を視察し、ふ頭が公園内の土地に建設されたとして、建設差し止めを命じた。

 サメット島はバンコクから比較的近いリゾートとして、タイ人、外国人双方に人気がある。ラヨン県行政体によると、島には民営のふ頭もあるが、無料の公営ふ頭と違い、使用料を取られるという。

20121023%20Koh%20Samet%20Bridge%20-%207.jpg

20121023%20Koh%20Samet%20Bridge%20-%206.jpg
写真提供、ラヨン県行政体
《newsclip》


新着PR情報