RSS

タイ航空のエアバスA380が重たそうに離陸していった

2012年10月28日(日) 19時30分(タイ時間)

 旅客機が格好良く撮れる場所はないかと、2日連続でスワンナプーム空港周辺をウロウロ。今日は昨日よりマシな場所を見つけ、2~3時間座り込む。空港を囲む運河に沿って延びる歩道では、暇そうな男たちが釣れない釣りを延々と続けていた。

 昨日今日とも3700メートル滑走路側。大きな旅客機は反対側の4000メートル滑走路を離着陸していて、すごく遠い(そっちはまだ写真が撮れそうな場所を見つけていない)。昨日、エアバスA380はやっぱり4000メートル滑走路を使っているな~、と遠くを飛ぶ姿を見ていたら、今日はこちら側の滑走路から飛び上がっていった。

 姿が見える前から、轟音を聞いただけで大きいのが飛んでくるなと予想したが、想像以上に主翼が大きく、垂れ下がっているような雰囲気。昔どこかで見かけたB52爆撃機を思い出した。
《newsclip》


新着PR情報