RSS

バンコク都庁、自転車貸し出しサービス開始

2012年10月29日(月) 13時26分(タイ時間)
【タイ】バンコク都庁は28日、バンコク都内の2カ所に駐輪場を設け、自転車貸し出しサービスを開始した。サービス名は「パンパン」。渋滞緩和が狙いで、2013年2月までに、サトン通り、ラマ4世通り、パヤタイ通り、ラチャダムリ通り、シーロム通り、ウィタユ通りなどに駐輪場50カ所を設け、500台を貸し出す計画だ。

 28日にサービスが始まったのは、バンコク地下鉄MRTサームヤーン駅の複合ビル、ジャームジュリースクエアとバンコク高架電車BTSサイアムアクエア駅近くの駐輪場で、午前7時から午後8時まで利用できる。サービスを利用できるのは18歳以上で、事前登録が必要。登録時にカード代220バーツ、自転車の使用料100バーツを支払う。使用料は15分まで無料で、以降1時間まで10バーツ、6—8時間60バーツ。24時間を超えると、GPS(全地球測位システム)で自転車の現在位置が警察に通報される。

20121028%20BMA%20-%204.jpg
《newsclip》


新着PR情報