RSS

味の素冷凍食品、タイの洪水被災工場が再稼働

2012年11月20日(火) 20時22分(タイ時間)
【タイ】味の素冷凍食品は20日、昨年のタイ中部の大洪水で被災したタイ子会社、タイ味の素冷凍食品(タイ中部アユタヤ県ハイテック工業団地)の生産ラインの再構築工事が完了し、11月15日に生産を再開したと発表した。鶏唐揚げと餃子類を製造する。年産能力は約7000トン。

 タイ味の素冷凍食品はハイテック工業団地の工場で日本向けの鶏肉加工冷凍食品や餃子を中心とした欧州、アジア向けの冷凍食品を生産してきた。昨年10月7日に洪水で工場が水没し、操業を停止。タイ中部ロッブリ県にある味の素グループの別の工場で代替生産を行なってきた。水が引いた後も、洪水の再発を懸念し、生産再開を見合わせていたが、ハイテック工業団地で堤防建設など洪水対策が進められていることから、工場を本格的に復旧した。
《newsclip》


新着PR情報