RSS

タイの自動車生産、初めて年200万台突破

2012年11月25日(日) 23時55分(タイ時間)
【タイ】タイ工業省、タイ工業連盟(FTI)などは23日、タイ国内の自動車生産台数が初めて年間200万台を突破したと発表した。2017年で年間300万台の生産を目指す。工業省によると、自動車産業はタイの国内総生産(GDP)の10%を占め、外貨の稼ぎ頭。

 FTI自動車部会によると、タイ国内の自動車生産台数は1—10月が前年同期比48%増の197万5783台、10月が前年同月比410.1%増、単月で過去最高の25万2165台だった。昨年10月はタイ中部の洪水で自動車工場の多くが稼働を一時停止したため、伸び率が大きくなった。

 1—10月の生産台数の内訳は乗用車が51.4%増の74万7487台、1トンピックアップトラックが44.9%増の119万3397台。

 1—10月のタイからの完成車輸出台数は前年同期比21%増の84万149台、部品などを含めた自動車関連の合計の輸出額は22.7%増の5880.3億バーツだった。
《newsclip》


新着PR情報