RSS

タイの祭事 2012年12月

2012年11月27日(火) 18時23分(タイ時間)

12月1日—8日 Phuket King's Cup Regatta プーケット島カタビーチ

 国王誕生日(12月5日)に合わせて開催される、好例のヨットレース。アジア最大といわれ、王室からトロフィーが与えられる。

 参加者でなくともビーチでヨットを眺めることができる。

5日 国王誕生日 (祝日)
 都内ラチャダムヌン・クラーン通りや王宮前広場周辺がイルミネーションで飾り付けされる。今年は旧国会議事堂前に国民が集まり、国王が議事堂のベランダに姿を表す予定。交通規制が多く、車は渋滞するので避けたいが、徒歩ではタクシーやトゥクトゥクなどがつかまらず、苦労する。

7—16日 River Kwai Bridge Week カンチャナブリ県カンチャナブリ市

 カンチャナブリ市の戦場にかける橋で行われる、第二次世界大戦をテーマにしたライト・アンド・サウンド・ショー(光と音の祭典)。一晩2回、陸軍・警察の警備の元、大量の火薬を使用して行われる。

  ショーは、旧日本軍の進駐から始まり、泰緬鉄道の建設、連合軍の爆撃、終戦、平和の訪れと続く。火薬を効果的に使って、爆撃を再現する。観賞は一般会場のほか、川沿いのレストランなどが食事付きで席を用意している。混み合うが席が取れないということはなく、駐車場も余裕を持って用意されている。

10日 憲法記念日(祝日)

 週末の1—2日から2日おいて5日の国王誕生日で祝日、さらに2日おいて8—10日の3連休となる。

10—19日 Ayutthaya World Heritage Site Celebrations アユタヤ県アユタヤ歴史公園

 ライト・アンド・サウンド・ショー(光と音の祭典)のアユタヤ版。スコータイ同様、タイの夜明け、国の発展、ビルマの攻撃と国の衰退、そして現王朝での復活というストーリーが、遺跡前に設置された舞台で繰り広げられる。

 ビルマ軍との戦闘シーンでは象が登場、迫力ある演技で、観客の拍手がわく。最後の花火も見もの。

詳細・問い合わせ:タイ政府観光庁 Tourism Authority of Thailand 電話:コールセンター 1672 毎日午前8時−夜10時
《newsclip》


新着PR情報