RSS

タイの1台目マイカー減税、目標大幅オーバー 追加予算必要に

2012年11月28日(水) 19時44分(タイ時間)
【タイ】タイ政府によると、自家用車を初めて購入する場合の減税措置の申請件数が昨年9月16日の導入から今年11月26日までに58万台(減税額429億バーツ)に達し、目標の50万台(減税額300億バーツ)を突破した。内訳は乗用車34万台、ピックアップトラック11万8000台、乗用ピックアップトラック12万2000台。

 タイでは29日からバンコク郊外で大規模な自動車展示販売会「タイランド・インターナショナル・モーターエキスポ2012」が開催されることもあり、最終的な申請件数は目標を大幅に上回る見通し。政府は税金還付のための追加予算の確保を迫られる。

 この減税措置は自家用車を初めて購入した21歳以上のタイ人に対し、対象車種の自動車物品税を最大10万バーツまで全額還付する。減税対象はタイ国内で生産され小売価格が100万バーツ以下の▽排気量1500cc以下の乗用車▽ピックアップトラック▽ダブルキャブ(シートが2列のピックアップトラック)——。申請期限は今年末で、購入から5年間は転売を認めない。
《newsclip》


新着PR情報