RSS

年末年始の訪タイ 日本大使館が注意呼びかけ

2012年11月29日(木) 18時25分(タイ時間)
【タイ】在タイ日本大使館は29日、年末年始にタイを訪れる予定の日本人に対し、旅券(パスポート)の紛失、けがや病気、犯罪などに注意を払うよう呼びかけた。

 大使館が注意を呼びかけたトラブルは、▽タイ入国時税関検査でのたばこ持ち込み摘発:1カートンを超える免税タバコを持ち込もうとすると、全てのたばこを没収の上、1カートン当たり日本円で約1万3000円の罰金)▽いかさま賭博▽睡眠薬強盗▽ひったくり▽路上詐欺▽宝石店またはスーツ仕立て店とのトラブル▽レンタルバイクまたはジェットスキー業者とのトラブル——など。詳細は在タイ日本大使館のホームページに掲載されている。

 タイは殺人事件の発生率が日本の十数倍に上るなど、犯罪が多発している。日本の外務省によると、2011年に在タイ大使館が取り扱った事件・事故にかかわる日本人の援護件数は972件、在チェンマイ総領事館は207件で、全在外公館の中で、それぞれ2位、19位だった。
《newsclip》


新着PR情報