RSS

国連のパレスチナ「国家」格上げ決議 タイは賛成

2012年12月2日(日) 16時50分(タイ時間)
【タイ】タイ外務省は11月30日、29日の国連総会(加盟193カ国)の決議でパレスチナの国連での資格が「オブザーバー機構」から「オブザーバー国家」に格上げされたことについて、タイが賛成票を投じたことを明らかにした。

 決議案にはタイのほか、日本、フランス、中国など138カ国が賛成。イスラエル、米国など9カ国が反対、英国など41カ国が棄権した。

 タイ外務省は賛成票を投じた理由について、「パレスチナの人々の民族自決と、独立し、民主的、平和的な国家としてイスラエルと共存する権利を支持する」と説明した。

 タイは今年1月にパレスチナを国家として承認し、8月に国交を樹立した。
《newsclip》


新着PR情報