RSS

中国支援の発電用ダム一部破損、3人不明 カンボジア

2012年12月4日(火) 11時25分(タイ時間)
【カンボジア】プノンペン発の新華社電などによると、カンボジア西部ポーサット州で中国の援助を受け建設が進んでいた水力発電用ダム「アタイ・ダム」で1日、ダムの一部が破損し、水流でカンボジア人作業員3人が行方不明になり、捜索が行われている。

 同ダムは中国大唐集団海外投資が建設・運営・譲渡(BOT)方式で2008年5月に着工。出力は12万キロワット、事業権は工期4年を含む34年間となっている。カンボジア当局者は「ダムの全体的な構造に影響はない。当初は年末に完成検査を行う予定だったが、破損部分の修理で完成検査は遅れる見通しだ」と述べた。
《newsclip》


新着PR情報