RSS

タイ北部の警察署長ら警官5人逮捕 覚せい剤100万錠密輸

2012年12月16日(日) 21時25分(タイ時間)
【タイ】タイ警察は15日、バンコクで記者会見を開き、麻薬取締法違反容疑でタイ北部ナーン県ウアン警察署のタマヌーン署長(警察中佐)ら警官5人を逮捕し、覚せい剤100万錠を押収したと発表した。

 麻薬取締班の警官が13日、中部アユタヤ県で、ウアン警察署の乗用車とピックアップトラックを捜索し、けん銃5丁、携帯電話12台、肥料袋に隠された大量の覚せい剤を押収、近くのレストランで食事をしていたウアン署の警官5人を逮捕した。また、5人の供述をもとに、覚せい剤の受け取りに来ていたタイ人の男2人、女1人をアユタヤ県内の別の場所で逮捕した。

 タマヌーン署長らは犯行を認め、タイ北部から中部への覚せい剤の移送を麻薬組織から200万バーツで請け負ったなどと話している。

 タイ警察は14日にも記者会見を開き、バンコクと郊外のパトゥムタニ県でタイ人の男2人と中国人の女1人を逮捕し、覚せい剤の粉末50キロ、錠剤50万錠を押収したと発表した。

20121214%20drug%20-%202.jpg
上写真:逮捕されたウアン署の警官ら 下写真:バンコク首都圏で逮捕された3人 (写真提供、タイ警察)
《newsclip》


新着PR情報