RSS

タイのシリントン王女、微細石灰化で手術

2012年12月19日(水) 12時29分(タイ時間)
【タイ】タイ宮内庁は18日、プミポン国王夫妻の次女のシリントン王女(57、写真)の胸部に微細石灰化がみつかり、17日にバンコクのチュラロンコン病院で手術を受けたと発表した。乳がんはみつからず、術後の経過は良好だという。

 シリントン王女は高齢のプミポン国王(85)の代理として多くの公務をこなし、閣僚らが足を踏み入れない山間部の村など遠隔地の視察にも積極的だ。笑顔を絶やさない気さくな人柄で知られ、国民の人気は高い。語学に堪能で、英語、フランス語、中国語を話す。中国語は書もこなすほど。
《newsclip》


新着PR情報