RSS

サメット島の新ふ頭、完成4日後に鬼女像倒壊

2013年1月2日(水) 13時57分(タイ時間)
【タイ】タイ東部ラヨン県沖のサメット島に建設された公営ふ頭で、完成式典から4日後の12月25日、ふ頭の先端の海中に建てられた鬼女像が倒壊した。地元当局は「波が強かったためだ」として、建設を請け負った業者に修理させる方針。

 このふ頭は1億7000万バーツを投じ建設され、12月21日、ラヨン県知事らが出席し、現地で完成式典が行われた。地元では、像の倒壊は汚職による手抜き工事が原因という見方が広がっている。

Samed%20Port%20Rayong%20PAO%20-%202.jpg
サメット島公営ふ頭の鬼女像(倒壊前)
《newsclip》


新着PR情報