RSS

ウィタユ通りで道路陥没、バスが立ち往生

2013年1月2日(水) 21時51分(タイ時間)
【タイ】1日午前11時ごろ、バンコク都心のウィタユ通りで路面が縦約1メートル、横約3メートルにわたり、深さ約1メートルほど陥没し、陥没箇所に後輪がはまった路線バスが立ち往生した。けが人はなかった。バスは自力で抜け出せず、レッカー車で引き出された。

 現場はウィタユ通りとプルンジット通りの交差点から十数メートルで、アユタヤ銀行支店横。陥没箇所からは水が吹き出した。

 バンコク都庁が調査したところ、地下水道管が壊れて水が漏れ出ていたため、陥没箇所周辺でウィタユ通りを1車線通行止めにし、水道管と路面の修理を実施、1日夜に作業を終えた。

 バンコクでは昨年、道路陥没が頻発し、地下鉄MRTルムピニ駅近くのラマ4世通り、ショッピングセンターのサイアムディスカバリーセンター前のパヤタイ通り、アソーク交差点といった中心部の幹線道路でも発生した。これまでのところ陥没による大きな交通事故は起きていない。
《newsclip》


新着PR情報