RSS

タイ人コンパニオンガール惨殺、ミャンマー国境で容疑者逮捕

2013年1月9日(水) 13時53分(タイ時間)
【タイ】今月3日、バンコク郊外ノンタブリ県のマンションで住人のタイ人女性、アチャラニーさん(22)の他殺体がみつかった事件で、タイ警察は7日、北部チェンマイ県で、アチャラニーさんと同居していたタイ人男のパイロート容疑者(22、写真前列左)を殺人容疑で、パイロート容疑者の父の友人のアディサク容疑者(61、同右)を逃亡幇助容疑で逮捕したと発表した。

 アチャラニーさんは自動車販売店に勤務し、コンパニオンガールとしても働いていた。死体は刃物でのどを切られ、左耳が切断され、左腕と女性器に複数の刺し傷を負っていた。また、頭から胴体にかけやけどを負い、下腹部とふくらはぎに男性の名前が書かれていた。アチャラニーさんのそばでは飼い猫がのどを切られ死亡していた。

 調べによると、パイロート容疑者は12月31日夜にアチャラニーさんを殺害し、生まれ故郷のラチャブリ県の寺に逃げ込み、頭を剃って僧侶になりすました。その後、アディサク容疑者の手引きでチェンマイの国境からミャンマーに出国しようとしたが、逮捕された。

 パイロート容疑者は動機について、アチャラニーさんに母親を侮辱されたなどと話している。パイロート容疑者は2009年と2010年に暴行傷害事件を起こし、逮捕状が出ていた。
《newsclip》


新着PR情報