RSS

タイの子ども 将来の夢は「医師」、欲しいプレゼントは「タブレット」

2013年1月15日(火) 11時55分(タイ時間)
【タイ】タイの私立バンコク大学が8—10日、バンコク首都圏の6—14歳を対象に行ったアンケート調査(回答者1115人)で、回答者の16・6%が「将来就きたい職業」に「医師」を挙げた。次に多かったのは「教師」で14・1%。次いで、「警官」11・5%、「兵士」11・2%、「俳優、歌手」10・8%、「実業家、会社オーナー」7・5%、「看護師」5・7%、「エンジニア」4・8%、「プログラマー」4・4%、「首相、政治家」4・2%だった。

 「親に連れて行って欲しい場所」は「遊園地」が26・9%と最も多く、次いで「海」25・5%、「動物園」15・6%、「寺」12・9%、「プラネタリウム」8%。

 「首相からプレゼントして欲しい物」は「タブレット端末」が19・7%で1位。以下、「スマートフォン」15・3%、「ぬいぐるみ」12・2%、「ノート型パソコン」7・2%だった。

 「良い人の条件は?」という質問には、38%が「親切」、36・4%が「正直」、15%が「勤勉、忍耐」を挙げた。

 一方、スイスの人材サービス大手アデコがタイの7—14歳に「将来就きたい職業」を聞いたところ、1位は「医師」だった。2位は「エンジニア」、3位「警官」、4位「実業家」、5位「教師」。

 「最もかっこいい職業」は「兵士」が1位で、2位「警官」、3位「医師」だった。

 「夢の国は」という質問には、大半が「タイ」と回答した。そのほかに上がったのは「日本」、「米国」、「フランス」、「英国」、「韓国」など。
《newsclip》


新着PR情報