RSS

カラバオのコンサートで観客暴徒化、タイ警察が催涙ガス発射

2013年1月15日(火) 21時39分(タイ時間)
【タイ】14日夜、バンコクのPAT(タイ港湾公社)スタジアムで開かれたタイの人気ロック歌手セーク・ローソーと大御所ロックバンド、カラバオによるチャリティーコンサート「ライト・オブ・ホープ」の会場で、観客の若者数百人が乱闘し、コンサートが中止に追い込まれた。

 午後10時ごろ、カラバオが3曲目を演奏中にけんかが始まり、観客の一部が空き瓶を投げたり、爆竹を鳴らすなどした。カラバオが演奏を中止し引き上げると、会場は混乱状態に陥り、ステージ周辺で殴り合いが始まった。警察は当初、事態を傍観していたが、15日午前1時になり、会場に催涙ガス弾を撃ち込み、散開させた。

 対立する職業訓練校の生徒が会場で鉢合わせしたことが乱闘の原因とみられている。主催者は現場に警官、警備員数百人がいたにもかかわらず、会場に爆竹などが持ち込まれた上、混乱が収拾できなかったと指摘し、警察に不満を示した。
《newsclip》


新着PR情報