RSS

安倍首相、17、18日訪タイ

2013年1月15日(火) 22時02分(タイ時間)
【ベトナム、タイ、インドネシア】安倍晋三首相は16—19日にベトナム、タイ、インドネシアを訪問する。

 タイ外務省によると、安倍首相は17日午前11時半ごろ、政府専用機でバンコク郊外のドンムアン空港に到着し、ポンテープ副首相兼教育相の出迎えを受ける。同日午後、泰日工業大学を視察し、夕方、シリラート病院に入院中のプミポン国王を表敬訪問する。その後、タイ首相府を訪れ、インラク首相らと会談。インラク首相主催の晩餐会に出席する。フォーシーズンズ・ホテル・バンコクに宿泊し、翌18日朝、ドンムアン空港からインドネシアに向け出発する。ポンテープ副首相兼教育相が空港で見送る。

〈ポンテープ・テープカンジャナ〉
1956年生まれ。米ジョージ・ワシントン大学法学修士。裁判官を経て、政界入りし、タクシン政権(2001—2006年)で法相、エネルギー相を務めた。2006年の軍事クーデター後、軍事政権により5年間の参政権停止処分を受け、処分解除後の2012年、インラク政権で副首相兼教育相に就任した。妻はキアットナキン銀行、不動産会社エラワン・グループなどを展開するワタナウェーキン財閥出身。家族で何度も日本を観光で訪れ、親日派とみられている。タイ汚職防止委員会によると、ポンテープ氏の資産総額は約29億バーツ(約85億円)。
20120530%20ThaiRakThai%20-%2011%20%28Pongthep%20Thepkanjana%29%20%282%29.jpg
《newsclip》


新着PR情報