RSS

2012年のタイの広告出稿12%増 映画館急伸、雑誌苦戦

2013年1月16日(水) 21時20分(タイ時間)
【タイ】米調査会社ニールセンがまとめた2012年のタイ国内の広告支出(全て推定)は前年比12・4%増の1177・6億バーツだった。

 媒体別では▽地上波テレビ(6局):681・1億バーツ(前年比9・4%増)▽ラジオ(バンコクのFM36局):63・5億バーツ(同7・3%増)▽新聞:151・8億バーツ(同4・4%増)▽雑誌:52・2億バーツ(同10・4%減)▽映画館:121・1億バーツ(同67・7%増)▽野外:45・3億バーツ(同5・8%増)▽交通機関(高架電車、バスなど):29・6億バーツ(同12%増)▽店内:27・3億バーツ(同68・9%増)▽インターネット(タイの上位30サイトのトップページ):5・7億バーツ——。

 広告主の上位10社は、1位英蘭系消費財大手ユニリーバ(推定支出66・4億バーツ)、2位トヨタ自動車(同25・2億バーツ)、3位コカ・コーラ(同24・1億バーツ)、4位米消費財大手プロクター&ギャンブル(P&G)(同22・4億バーツ)、5位タイ携帯電話キャリア2位DTAC(同21・3億バーツ)、6位いすゞ車の販売会社トリペッチいすゞセールス(同21・3億バーツ)、7位独化粧品大手バイヤスドルフ(同19・3億バーツ)、8位仏化粧品大手ロレアル(同17・3億バーツ)、9位スイスの食品大手ネスレ(同15・2億バーツ)、10位タイ飲料大手オーソトサパー(同13・4億バーツ)——。
《newsclip》


新着PR情報