RSS

NEDO、バンコクのホテルでビル省エネ実証事業

2013年1月16日(水) 21時31分(タイ時間)
【タイ】独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの受託事業として中国電力がバンコク都内のホテル「アマリウォーターゲート」に導入した省エネ設備の設置が完了し、16日、竣工式が行われた。

 空調などのビル内設備を日本の最新技術に置き換えることで、15%程度の省エネを見込む。2013年3月まで実証試験によるデータの評価、検証を行う。予算は約3・3億円。実証事業終了後、タイ政府と協力して、省エネ診断などによるPR活動を行い、タイと周辺国で技術の普及を図る。

20130116%20Amari%20Watergate%20Bangkok%20-%206.jpg
《newsclip》


新着PR情報