RSS

タイ南部の砂浜でウミガメが産卵

2013年1月17日(木) 12時50分(タイ時間)
【タイ】昨年11月下旬から今年1月6日にかけ、アンダマン海に面したタイ南部パンガー県カオラムピー・ハードターイムアン国立公園の砂浜で、ウミガメの産卵が10回確認された。ウミガメの卵は高値で取引されることから盗まれる恐れがあり、公園当局は発見した卵500個以上を回収し、安全な状況でふ化させる方針。

 カオラムピー・ハードターイムアン国立公園で産卵するウミガメはオサガメ、ヒメウミガメ、アオウミガメの3種類。

Khaolampi-Had%20Thaimuang%20National%20Park%20-%203.jpg
Khaolampi-Had%20Thaimuang%20National%20Park%20-%207.jpg
Khaolampi-Had%20Thaimuang%20National%20Park%20-%206.jpg
カオラムピー・ハードターイムアン国立公園で産卵するオサガメ。12月19日撮影。
写真提供、Khaolampi-Had Thaimuang National Park
《newsclip》


新着PR情報