RSS

【PR】タイから世界へ VOL.5 ノスタルジックな街並み ホイアン(ベトナム) 

2013年1月18日(金) 15時21分(タイ時間)

16~19世紀、東西貿易の要所として栄え、中国・インド・日本の文化が融合した町、ホイアン。かつて1000人の日本人が暮らしていたこの町には、日本人町の跡地が今でも残り、川には日本橋とも呼ばれる「来遠橋」という名の橋がかかっている。
新2万ドン札のデザインにもなっている来遠橋は、ベトナムを代表する観光名所の一つ。ずっしりとした重厚な造りで、屋根付きの橋の上には小さな寺院があり、人々が航海の安全を祈願していたとされている。

歴史もさることながら、町を訪れて印象的なのは、温かみのある黄色で塗られた家が建ち並ぶ、古い街並み。世界遺産に指定されている美しい街には、今も人々の日常の生活があり、時折鮮やかなアオザイを着た女性が通りかかったりと、ベトナムらしい光景を垣間見る事ができる。
歩き疲れたら川沿いのオシャレなカフェでベトナムコーヒーを飲んで一休み。ゆったりとした時間が流れている。


H.I.S.ではベトナム中部周遊3泊4日のツアーをご用意しております。街歩きが楽しいホイアンには2連泊、さらに世界遺産のフエやミーソン遺跡も訪れます。

世界遺産の街を散策!
ベトナム中部周遊3泊4日
25,900 THB~
《newsclip》


新着PR情報