RSS

NEDO、タイで空調省エネ技術導入

2013年1月20日(日) 13時41分(タイ時間)
【タイ】独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの受託事業としてJFEエンジニアリングがバンコク都内のタイ発電公社(EGAT)本部に設置した「水和物スラリー蓄熱空調システム」の竣工式が17日、現地で行われた。蓄熱量に優れたTBAB(テトラブチルアンモニウム)を使った空調用蓄熱システムで、エネルギー消費が削減できる。事業の予算規模は約2・7億円。

20130117%20EGAT%20-%205.jpg
《newsclip》


新着PR情報