RSS

タイのチュムポン副首相兼観光スポーツ相死去

2013年1月21日(月) 11時56分(タイ時間)
【タイ】タイの連立パートナー、チャートタイパタナー党々首のチュムポン・シラパアーチャー副首相兼観光スポーツ相(左写真)が21日、入院先のバンコク都内のラマティボディ病院で死去した。72歳。

 チュムポン氏は昨年12月17日、タイ首相府で執務中に狭心症の発作で意識を失い、搬送先の病院でバルーン(風船)で血管を広げる手術を受けた。その後、入院を続けていた。

 チュムポン氏はタイ国立タマサート大学法学部卒、米シラキュース大学行政学修士。タマサート大学で教鞭をとった後、政界入りし、下院議員を8期務めた。兄のバンハーン元首相が率いる政党、チャートタイ党が2008年末に解党処分を受け、バンハーン氏が5年間の参政権停止処分を受けたため、チャートタイの後継政党であるチャートタイパタナーの党首に就任。反タクシン元首相派のアピシット政権(2009—2011年)とタクシン派のインラク政権(2011年—)で閣僚を務めた。
《newsclip》


新着PR情報